斜めからでも見やすい液晶テレビ REGZA 32S22

初めて、ネット通販で液晶テレビを購入しました。

注文してから3日後に商品が到着。輸送中の破損が心配でしたが、今のところ問題なく動作しているので、一安心です。

物は、東芝のREGZA 32S22です。購入価格は送料税込で30,800円ほどでした。

機種選定に際しての要望は、販売価格が3万5千円前後の32型で、画面が斜めから見ても白っぽくならない、でした。

東芝 REGZA 32S22

ネットで調べた範囲では、「斜めから見てもクッキリきれいに楽しめるIPSパネル」と謳っているパナソニックやハイセンスも候補でした。

家電量販店やスーパーの家電売り場で、展示してある物を見て回った結果、東芝のREGZA 32S22に決めました。

32S22の液晶パネルは、IPSなのかVAなのか、メーカーは言及していないようですので、定かではありませんが、画面を斜めから見ても白っぽくはなりません。

横に並べて置いてあった32V31と、明らかに違いました。

パナソニックも確かに斜めからでもくっきりでしたし、ソニーも斜めからでも見やすかったですが、東芝は映像の色合いも気に入りました。

ただ、店頭価格は4万円台でして、安く手に入るネット通販で買いました。

使ってみて気になっている点は、音声です。

テレビを設置している場所も関係していると思うのですが、音がテレビの後ろ側でやけに響いているような気がしています。

この点は店で実物を見ても確認できていませんでした。

REGZA 32S22の地デジアンテナレベル

それと、地デジの電波状況が少し気になります。

REGZAのアンテナレベル表示で信号強度をチェックすると、推奨値の下限ギリギリか、チャンネルによっては2ポイントほど下回っています。

これはテレビの問題ではなく、アンテナと、家から見て送信所方向にある障害物が要因と思っています。

このテレビは買い替えではなく追加ですので、既設のアンテナ直下に新たに2分配器を付け、そこからテレビまで5C同軸ケーブルを15メートルほど引き込みました。その分配の影響も多少あるかもしれませんが、確認はしていません。

それでも、信号品質は安定しており、ブロックノイズが出ることは無いので良しとしています。

アナログ時代の地上波は、その障害物のため上手く受信出来ず、ゴーストにも悩まされました。それと比べると、デジタルは良いです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク