愛機 PC-9801BX2/U2の記録

1994年6月に購入したNECのPC-9801BX2/U2 FELLOW。当初はMS-DOSで動いていたがその後Windows3.1を経て95と変わっていきながら1998年まで現役で活躍しました。その間、ハードパーツもいろいろと追加し、パソコン通信も利用できるようになりその後インターネットに対応しました。購入した時点で98FELLOWはFDDモデルとHDDモデルに分かれ、合わせて全9タイプが販売されていた。その中でこのBX2/U2は最も値段が安くて、定価178000円でした。高価モデルとの違いはCPUの能力やメモリ容量、ハードディスクが無かった事です。でも、結局後々それらは追加することになったのだが。

以下、広告に書かれていたフェローのアピールポイント
32ビット高速CPUを搭載した高性能パーソナルコンピューターです。HDDモデルではMS-DOS5.0A-Hをインストール済みなので買ったその日からMS-DOSを使うことができます。もちろん、従来のPC-9800シリーズのために作られた数多くの優れたソフトウェア資産もそのままご使用いただけます。DOS環境で利用される方のために、コストパフォーマンスを徹底追及。基本処理性能を向上、サラに速く快適に。DOS環境における表示も、一層すばやく。拡張性も大幅向上、いちだんと強力に。使いやすさを高める「仮想ドライブ機能」を装備。

BX2/U2の基本仕様
CPU i486SX2(25MHz)
RAM 標準:1.6Mバイト、最大:17.6Mバイト
ROM 96Kバイト(BIOS、N88‐BASIC)、32Kバイト(システムセットアップメニュー他)
漢字ROM 272Kバイト(JIS第1水準2965文字、JIS第2水準3384文字、拡張漢字388文字、非漢字885文字)
ビデオRAM テキスト:12Kバイト、グラフィック:256Kバイト
フロッピィディスクドライブ 3.5インチFDD(3モード対応)×2ドライブ
固定ディスクドライブ なし
グラフィック表示 解像度(表示色):640×400ドット(4096色中16色)
サウンド機能 ビープ音(システムセットアップメニューによりボリューム設定可能)
汎用拡張スロット 3スロット
ファイルベイ 1スロット(専用インターフェースを内臓、2台め固定ディスクドライブ、CD-ROMドライブのいずれか1台が内臓可能)
ディスプレイ アナログRGB、コネクタ:D-sub15ピン(本体背面)
マウス バスマウス(PC-H98-U01)接続用、コネクタ:ミニDIN9ピン(本体背面)
プリンタ パラレルインターフェース、コネクタ:ハーフピッチ36ピン(本体背面)
シリアル RS-232C規格準拠(最大192000bps)、コネクタ:D-sub25ピン(本体背面)
外形寸法 本体:380(W)×335(D)×150(H)mm、キーボード:439(W)×183(D)×31(H)mm
重量 7.0kg

スポンサード リンク

MS-DOSに代わってウィンドウズを使いたいと思い、内外のハードディスクやグラフィックボード追加していき、インターネットに接続するようになってモデムと通信するRS-232Cの速度アップも図りました。拡張スロットが3つでは足りないので、その解決策としてI-O DATAが98セカンドバス TYPE II対応ボードを販売していたので使用しました。これは、ベースとなるボードの上にサブボードを付けることで1スロットで2つの機能が利用できるもの。対応する機能カード何種類かあったと思うのですが、このPC98ではグラフィックボードをベースにしてサブは232Cで使用した。

ウィンドウズ95を使う場合にネックの一つがCPUパワーでした。それを解決する為にバッファローの高速パワーアップツールEUZ-Q0Mを取り付けた。ただこの商品は上手く動作せず、設定など何処か間違っているのかなと数日悩んだ挙句、メーカーに送って調べてもらった。数日後、ご指摘の不具合を再現、CPU交換致しましたというコメントと共に送り返されてきた。運悪く不良品を選んでしまったよう。メモリは少しづつ増設したので小さな容量で4スロット全て使用して計42Mとしていた。

追加したパーツ類等
グラフィックアクセラレータボード GA-98NB II (I-O DATA) 高速Windowsを実現(Cirrus Logic CL-GD5434) 2MバイトDRAM標準搭載 24800円
GA-DR4/98 (I-O DATA) 64ビット・ドラゴンチップ搭載(Trident TGUi9660) 標準画像メモリ4MB。256色表示は最大1600×1200ドットまで対応 39800円
RS-232C拡張ボード RSA-98SB (I-O DATA) 最大230.4Kbpsのポートを1ch増設。送信・受信用バッファ各2Kバイトを装備。98セカンドバス TYPE II専用 14800円
サウンドボード PC-9801-86 (NEC) FM方式音源LSI(YAMAHA YM2608B FM:6音、リズム:6音、SSG:3音)とPCM搭載。専用マイク付 25000円
CD-ROMドライブ CDG-AB4 (I-O DATA) ファイルベイ用 4倍速、CD-G、Photo DC(マルチセッション)、CD-DA、CD-ROM XA(ビデオCD)、CD-I対応 -
CPU EUZ-Q0M (BUFFALO) Cyrix社 5x86-100を搭載したハイパーメモリCPU。BX2は25から75MHzに増速。加えてメモリスロットも2基増設 29800円
メモリ EMF-P16M(BUFFALO)、I-O DATA 42M(1.6+8+16+16) -
外付ハードディスク SCENAGE RX-1000-CIN(ICM) 1GB、3.5インチ、SCSI-2インターフェース IF-2769標準添付 -
内臓ハードディスク INTER-340BN(ICM) 340MB -
モデム TO-705B(Panasonic) インテリジェントFAX&DATAモデム、300?14400bpsの全二重通信 -
モニター HRM-14(ELECOM) 14インチカラーディスプレイ 98標準モードの640×400から、1120×750まで対応 -

中古パソコン・周辺機器を探すのはJoshinの中古PC J&Pテクノランドで。専用工場で再生した物を日々補充しています。

外付けHDD、RX-1000-CINの仕様
記憶容量 約1033MB
セクタサイズ 512byte/sector
データ転送速度 10MB/s(対ホスト Max)
バッファメモリ 448KB
平均シーク時間 13.5ms
ディスク回転数 5400rpm
起動・停止時間 起動 18秒以下、停止 18秒以下
耐衝撃性 動作時 10G以下(11ms)、非動作時 75G以下(11ms)
外形寸法 54(W)×244(D)×128(H)
重量 約1.3Kg
消費電力 アクセス時 7.8W、アイドル時 6.3W

当時買った本


Windows上に異常ありません・3.1活用ガイド・95ハンドブック

スポンサード リンク

このアーカイブについて

思い入れのあるモノを記録しています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。