ミズタニ製混合栓のシャワーホースが切れた

浴室で使っているシャワーホースが、混合栓側で外れてしまいました。見ると、金具の中に入れられている、白い樹脂製の継手が切れていました。

おそらく30年は使ってきたシャワーですので、劣化だと思います。ホース自体も、中の繊維が見えるほどにすり減っている箇所がありますから。

外れたシャワーホースと金具

で、混合栓も古い物なので交換する手もあったのですが、今回はホースとヘッドを一新しました。

買ったのが、値段の安かったコーナンオリジナルのシャワーホース1.6m 黒です。価格は1,280円でした。

コーナンオリジナルのシャワーホースと三栄水栓のシャワーアダプター

このホースは「ほとんどのメーカーに取付可能」と記しています。そのため、混合栓とホースを接続するためのアダプターが、5種類も付属しています。

が、我が家で使っているミズタニ製の混合栓には、いずれのアダプターも合いません。

ホースを取り付ける混合栓側のエルボのネジがM23×1.5という事で、三栄水栓のG1/2ネジ・M23×1.5シャワーアダプター型番:PT25-9を別に買いました。こちらは398円です。

取付作業自体は簡単です。ネジを締めるだけですから。

取付け後に水を出してみる。水量を上げると、混合栓の水と湯の夫々のハンドル下と、水湯切り替えハンドル付近からジワリと水漏れが。

新しくなったシャワー周りの密閉度が良くなったことで、他の所への圧力が、これまでよりも強くなったと思います。

水ハンドルのパッキンを交換し、水湯の各ハンドルのシールテープを巻きなおしました。切り替えハンドルは、ネジを締めなおしました。

これで、何とか漏れは止まりました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク